神奈川県茅ヶ崎市のレンタルスペース・音楽ホール スタジオベルソー

〒253-0056 茅ヶ崎市共恵1−8−20 5F(茅ヶ崎駅から南口徒歩3分)

お気軽にお問合せください

0467-38-8133
受付時間
10:00~21:00

イベント情報

っっg

Café de la Harp
カフェ・ドゥ・ラ・ハープ

3台のグランドハープによるコンサート

3月11日(日)14:00〜

チケット 4000円

 

ご予約・お問い合わせ

☎ 0467−38−8133

メール  studioberceau@gmail.com

 

プログラム(予定)

ヘンデル:ハープ協奏曲より第一楽章

ラフマニノフ:ヴォカリーズ

ピアソラ:ブエノスアイレスの四季より「春」

ボン ジョヴィ:Livin’ On A Prayer

YOSHIKI:X JAPANメドレー「Alive-Amethyst」

           ほか予定・演奏順不同

 

 

Café de la Harp(カフェ・ドゥ・ラ・ハープ)Profile

 HIROKO(斎藤寛子)Hiroko(安井弘子)Yuki(入之内由紀)

 日本ハープ協会のコーディネートによって2001年、3台ハープによる「Café de la Harp(カフェ・ドゥ・ラ・ハープ)」が、誕生。クラシック、ロック、ポップスなど幅広いジャンルの曲を3台のグランドハープならではの創作アレンジと自在な演奏スタイルで活動を続ける、日本でも珍しいハープアンサンブル。

 メンバー3人によるエネルギッシュで楽しいステージは話題を集め、テレビ朝日『題名のない音楽会21』はじめ、NHK、FM東京などメディアにも出演。日本ハープ協会主催のジャズとポップスハープコンサート「harp HARP harp」に連続出演。2014年6月米国ニューオリンズで開催された「Harp Carnival(ハープカー二バル)」に出演。同月カリフォルニア州サンノゼにて公演。2015年8月香港で行われたArizona Harp Experienceハープキャンプにて演奏。国内、海外共に高い評価を受けている。

っっg


初夏の特別厳選プログラム
世界の巨匠をベルソーで聴く

フランスの逸材
サンドリーネ・カントレッジ
(ヴァイオリン)
×
イタリアの巨匠
ブルーノ・カニーノ
(ピアノ)

5月20日(日)14:00〜

チケット 5000円

学 割  4000円

 

ご予約・お問い合わせ

☎ 0467−38−8133

メール  studioberceau@gmail.com

 演奏予定

  ドビュッシー:ヴァイオリンソナタ       

    ドビュッシー:小品集より

       1.亜麻色の髪の乙女 2.ミンストレル(吟遊詩人)3.レントより遅く(ワルツ)

       4.スケッチブックから 5.ビリティスの歌より 髪 6.美しき夕暮れ

  ベートーヴェン:クロイツェル ソナタ

 

 

プロフィール

●サンドリーネ・カントレッジ(ヴァイオリン)Sandorine Cantoreggi(violin)

サンドリーネの演奏する”Chant du Roi (King’s Song)”は、イタリア由来の苗字 ”Canto-Reggi” と、同意語であることを連想させる。彼女はオーケストラ、リサイタルのソリスト、また室内楽奏者として活動している逸材のヴァイオリニストである。

 パリ国立高等音楽院を首席で卒業、 その後マンハイム=ハイデルベルク音楽大学でもディプロマを得た。サンドリーネの音楽スタイルは、厳格で熟達した妙技の中に、風格と優雅さも醸し出しており、その音はきめ細やかで力強く、個性溢れる音色を作り出している。ロシアのヴァイオリン学校でトレーニングを積むように、フランス=ベルギーの音楽学校で鍛えられたことは、彼女の音楽の礎となっている。 彼女はバロックから現代の作曲家を広く吟味したものをレパートリーとして演奏している。

 2009年には、ルクセンブルグ大公殿下より、科学と芸術の分野を高めた者に贈られる「ルクセンブルグ公国の勲章」とナイトの称号を授与された。彼女の芸術活動のために、ルクセンブルグ国際銀行よりG.B.ガダニーニ制作のヴァイオリンを、特別に与えられた。

 

●ブルーノ・カニーノ(ピアノ)Bruno Canino, piano

1935年ナポリ生まれ。ナポリ音楽院にてヴィンチェンツォ・ヴィターレに師事。続いてミラノ・ヴェルディ音楽院にてエンツォ・カラーチェ、ブルーノ・ベッティネッリのもと、ピアノと作曲を学ぶ。1956年、58年ブゾーニ国際コンクール入賞、1960年ダルムシュタット国際コンクール入賞。ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、日本、中国、マレーシア、ロシア、ラテンアメリカ、ニュージーランド、オーストラリアなど世界各地でソリスト、室内楽奏者として活躍。アントニオ・バリスタとのピアノデュオは50年にわたり、またマリアーナ・シルブ(ヴァイオリン)、ロッコ・フィリッピ(チェロ)とのミラノ三重奏団も長年にわたる活動を続けている。

 ジェノヴァ・ユースオーケストラ、Campus Internazionale di Musica(ラティーナ)の芸術監督、1999年から2001年までヴェネツィア・ヴィエンナーレ音楽部門の監督を務める。ミラノ音楽院で24年間ピアノ科教授を務め、ベルン音楽大学では11年間にわたりピアノと現代音楽のマスタークラスを開講。現在は、マドリードのFundacion Instituto de musica de Camaraにて室内楽の教鞭をとる。

 
っっg

クレア フアンチ
ピアノリサイタル

9月29日(金)14:00〜

チケット 4000円

 

ご予約・お問い合わせ

☎ 0467−38−8133

メール  studioberceau@gmail.com

 

プログラム

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番「月光」嬰ハ短調 作品27-2

ショパン:2つのノクターン 第7番、第8番 作品27

スクリャービン:ピアノ・ソナタ第2番「幻想ソナタ」嬰ト短調 作品19

ショパン:24のプレリュード 作品28

 

クレア フアンチ Profile

  クレア・フアンチは9歳で奨学金を得て、コンサートやコンクール出場といった国際的なキャリアを築きはじめた。2011年のミュンヘン国際音楽コンクールに最年少で出場し、みごと第2位を獲得。10代の後半になると、ピアニストは自身の天職であると強く感じるようになり、フィラデルフィアのカーティス音楽学校にて、エレナー・ソコロフやゲイリー・グラフマンに師事し、有意義な指導を受け、ハノーファー音楽演劇大学においてアリー・ヴァルディのもとで学ぶ。

 2009年、ダルムシュタットで行われたショパン国際コンクール、並びに2010年、マイアミにおける同コンクールにて第1位に輝き、ショパンの音楽は彼女に芸術的飛躍のきっかけを与え続けている。また、幅広いレパートリーを弾きこなし、その中には多くの現代作品も含まれる。その多彩さは誰の目にも明らかだ。多数のソロ・リサイタルを行うほか、これまでにモーツァルテウム管、シュトゥットガルト放送響、ミュンヘン室内管ほかと、世界有数の会場で共演している。また、キッシンゲンの夏音楽祭や、ヴェルビエ音楽祭、メニューイン音楽祭(グシュタート)に招かれた。

 チャイコフスキーとプロコフィエフの作品に焦点を当てた彼女のデビューアルバムは、2013年、ベルリン・クラシックスより発売され、絶賛を浴びた。2015年には、スカルラッティのソナタを収録したセカンド・アルバムが同レーベルから発売。このアルバムでフアンチは555曲のソナタの中から39曲を選び、それらをバロック時代のソナタ組曲として収録をした。この録音は、ドイツレコード批評家賞に輝き、グラモフォン・マガジンの「エディターズ・チョイス」にも選ばれ、「これは最高水準のスカルラッティの芸術だ。神童と呼ばれた16歳から、偉大な芸術家の一人となった25歳までのフアンチの躍進を、我々は喜んで賞賛する。」と評された。

 

坂下忠弘
バリトンコンサート

 坂下忠弘 バリトンコンサート 完売御礼

 

 10月1日(日)14:00〜

 チケット 3500円 チケットは完売しました

 

 バリトン 坂下忠弘

 ピアノ  江澤隆行

 ゲスト  中田幸子

 

プログラム

映画「ニューシネマパラダイス」より「もし」

J.P. マルティーニ作曲「愛の喜び」

中田喜直作曲「ちいさい秋みつけた」

中田喜直作曲「悲しくなった時は」

武満徹作曲「めぐり逢い」

J. コズマ作曲「枯葉」

映画「慕情」より「慕情」

オペラ「カルメン」より「闘牛士の歌」

…etc

 

 

ご予約・お問合せ

 高久 080−5649−4285

 主催 スタジオベルソーメール  studioberceau@gmail.com

石井佑輔
ピアノリサイタル

 

6月11日(日)14:00~

ルーセル:田舎風

メシアン:イソヒヨドリ、チャバラムシクイ(鳥のカタログより)ほか

チケット 4000円 

主催 アンシェル

お問合わせ ☎ 050−3786−0713

清水音楽工房スペシャルコンサート
ルドヴィート・カンタ氏と共に

6月18日(日) <1st> 13:30〜 <2nd>16:30〜

  チェロ * ルドヴィート・カンタ

  バイオリン * 清水謙二 黒柳紀明

  ビオラ * 烏野慶太

  ピアノ * 清水紀子

 ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲op.70-1「幽霊」

 ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲op.81       ~他~

 
¥3000全席自由(要予約)
 
お問合わせ ☎ 0467 87-4677(清水音楽工房) ☎ 080-5060-1222(牧田)
 
 出演者プロフィール
・ルドヴィート カンタ(チェロ)
スロバキアが誇る世界的チェリスト。
オーケストラ アンサンブル金沢主席チェロ奏者
日本音楽コンクールの審査をはじめ、世界各地の音楽祭やマスタークラスにも招かれている。
 
・清水謙二(バイオリン)
NHK交響楽団バイオリン奏者を経て、現在は清水音楽工房を主宰し演奏活動及び後進の指導にあたる。
昭和音楽大学非常勤講師
 
・黒柳紀明(バイオリン)
ロッテルダムフィルハーモニー、NHK交響楽団バイオリン奏者を経て、現在はフリーのバイオリン、ビオラ奏者として活動。
 
・烏野慶太(ビオラ)
 
フライブルク音楽大学卒業
南西ドイツ交響楽団バイオリン奏者、コンスタンツ市立音楽学校非常勤講師を務め、
現在は函館を拠点に演奏活動及び後進の指導にあたる。
 
・清水紀子(ピアノ)
東京芸術大学卒業。ピアノのユニークな指導法で後進の指導に携わると同時に、
室内楽コンサートや木戸銭ライブなど、出演者と共に聴衆が楽しめる音楽会の形を模索しつつ実践中。

その他メニューのご紹介

coming soon

詳細はこちらへ

coming soon

詳細はこちらへ

coming soon

詳細はこちらへ
お電話でのご相談・お問合せ
0467-38-8133

受付時間:10:00~21:00